美白に効果的な食べ物とは

美容と健康には外側だけでなく、内側からも変えていくことが大切です。紫外線が強い現在、女性にとって美白・美容は永遠のテーマでもあります。
人間には恒常性維持機能(ホメオスタシス)と呼ばれる機能が備わっており、これは暑いには人間は汗かいて体温を一定に保とうとします。これが恒常性維持機能に当たり、若い頃はこの機能が活発ですが、年齢と共に徐々に弱まってくるのが老化なのです。
日焼けに関しては、皮膚が紫外線を浴びるとメラニンがたくさん作られます。シミの原因となるメラニンを除去するためには、還元作用や代謝を促す成分がこのメラニンまで届いて働くことが重要になってきます。そのためには、美白成分が配合された美容化粧品で外側から内側へ成分を浸透させると同時に、内側からもメラニンへ有効成分を届けるようにすることが効果的です。
また、肌自体も健康でなくてはいけません。健康な肌を作り出すには、タンパク質・ビタミン・ミネラル・脂質・糖質をバランス良く摂ることが大切です。そして美容に効果的な抗酸化作用を持つ成分も摂取します。
美白作用や抗酸化作用を持つ成分には、メラニンを還元するビタミンC(レモン・オレンジ・アセロラ・ パプリカ)、抗酸化作用のあるビタミンE(ナッツ類・アボカド・えごま)、目や粘膜機能に効果的なβ-カロチン(ニンジン・カボチャ・ブロッコリー)、メラニン生成を抑制するL-システイン(大豆・小麦胚芽・ハチミツ)、抗酸化力に優れたリコピン(トマト)、抗酸化作用やメラニン抑制作用を持つアスタキサンチン(サーモン・エビ・カニ)、黄色のポリフェノールであるエラグ酸(ザクロ・ベリー系の果物)の7成分をバランス良く摂ることが効果的です。
透き通るような美白を保つためにも、これらの食材を積極的に使った食事を心掛けましょう。